自由にレイアウト!組み合わせられるタイプ

組み合わせられることのメリット

ローソファーは和室にも洋室にも合う家具です。そして、設置する時も通常のソファーよりも軽く持ち上げやすくなっています。そのため、模様替えも気軽に行えるのです。特に、組み合わせるタイプのローソファーであれば、用途に合わせてレイアウトができます。例えば、客人が来る場合はローソファーの数を増やして、座る範囲を広げます。一方、1人で過ごす場合はローソファーを1つに絞り、部屋をスッキリすることができるのです。

組み合わせるタイプのメリットには、掃除がしやすいことも挙げられます。元々軽いローソファーですが、1つ1つ切り離せるためさらに移動が楽なのです。さらに部分的な掃除に適しており、細かいところまでしっかりとゴミを取り除くことができます。

組み合わせるタイプの注意点

用途に合わせて使うと便利ですが、組み合わせるタイプには注意点もあります。例えば、位置がずれてしまうことです。通常のローソファーであれば全ての座面がくっついているため、動いても大きくずれることはありません。しかし組み合わせるタイプは1つ1つが分離しているため、動くとすぐにずれてしまうのです。位置がずれると部屋全体の見栄えにも影響を及ぼします。レイアウトにこだわりがある場合は、滑り止めなどを使用して固定するようにしましょう。

また、場合によっては費用がかさむこともあります。1つから買えるため、必要最低限で足りる時には安く済みます。しかし急に必要になった時や見栄えを良くするために買い増した場合、割高になる可能性があるのです。通常のローソファーとの価格を比較して、慎重に購入しましょう。

畳にローソファーを直接置いてしまうと、カビやダニが発生したり、畳が傷ついたりする可能性が高いです。設置する際は風通しの良い場所を選び、ローソファーの足裏の保護することで畳の負担を軽減できます。